イエローナイフ

カナダのイエローナイフへオーロラ観測に行ってきました。

私は旅が好きなので、1人でも大抵のところには行けます。
しかし寒いところが大の苦手なので、オーロラを観に行こうとは夢にも思わなかったのですが、姉が急に一緒に行かないかと誘って来ました。
聞けばオーロラを観るのが昔からの夢のひとつで、転職するにあたり休暇が取れたから一緒に行こうと言うのです。

姉と2人で旅行をしたのは過去に1度だけ。
5歳の時に8歳の姉に連れられ、東京の実家から田舎の祖父母宅まで2人きりで寝台列車に乗りました。
ホームまで母が見送り到着駅には祖父母が迎えに来るので、何も難しいことはありません。
これを旅とは言わないかもしれないけど、子供の私には大冒険で今でもよく覚えています。

そんな姉との二回目の旅。
カナダのカルガリーで待ち合わせをし、飛行機で北極圏イエローナイフへ向かいました。
4月なので真冬に比べてかなり暖かく、バナナは柔らかいまま釘は打てそうにありません。

それでも観測中は−10度弱の中、数時間外にいますから、南極探検にも使われるという防寒着にホッカイロを首・腰・お腹・膝・足の裏、合計7か所に貼って観測開始。
人生でこんなにホッカイロを消費したのは初めてです。(笑)
オーロラは自然現象ですから観られないことも多いのですが、幸運にも毎日観ることが出来ました!

オーロラを写真に撮るには少しテクニックがいるのですが、滞在中カメラの腕前がかなり向上しました。
オーロラは突然現れ動き直ぐ消えます。
シャッタースピードも30秒くらい開けていないとハッキリ写らないので、人とオーロラを同時に撮るのは一苦労でしたが、それがまた楽しかったです。

もう春だけど、苦手だった寒いところも冬の旅も悪くない。
そう思える人生を変える楽しい旅でした。

0 comments

There are currently no comments

New Comment

required

required (not published)

optional