名人戦決勝トーナメント2017途中経過

日本バックギャモン協会の4大タイトル(名人、盤聖、王位、日本選手権)の一つである名人戦の決勝トーナメントが着々と進んでいます。
前回は、決勝トーナメントベスト32で横田現名人を破ったところまで報告しました。
ベスト16の対戦相手は大阪の永井一矢さん。永井さんは2006年に王位を獲得するなど日本でも屈指の実力派プレイヤーです。
前回の盤聖戦ではお互い逆の山で勝ち上がり、私は先に決勝を決めて永井さんが来るだろうと予想していました。
その時は結局対戦しなかったのですが、永井さんの棋譜を研究していたので、それが今回役に立ちました。

永井さん戦棋譜ダウンロード

・幸運だった1ゲーム目

ここから3ゾロ6ゾロとベストロールを連発し逆転しました。

・悩んだキューブアクション

アンリミテッドゲームではダブルパスですが、スコア12-1の大量リードなのでダブルかノーダブルで迷いました。
私はロングマッチでキューブアクションを考える時、よく出現するスコアに置き換えて考えるようにしています。
実戦では9ポイントマッチの4-1に置き換えて、5-1でもキューブが打てるラインだと判断したのでダブルしました。

最終的にこの試合は25対16で勝利を収めることが出来ました。
次回ベスト8の対戦相手は、またしても横田名人です。
横田名人は決勝トーナメント32枠中3枠持っていたため、再戦という形になりました。
前回に引き続き頑張りたいと思います!

0 comments

There are currently no comments

New Comment

required

required (not published)

optional